<< 福岡メディカルラリーで上位に | main | 九州北部豪雨 親仁会支援ニュース(2) >>

スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


九州北部豪雨 親仁会支援ニュース(1)

第1陣として医療支援に

 

皆さんご存知のように、7月5日からの豪雨で、朝倉から田川にかけて大きな被害が出ています。

 

福岡県連では7日に災害対策本部を設置しました。

被災地の自治体と連絡を取り、支援要請が出された東峰村に9日(日)〜24日(月)に医療支援を行っています。

 

 

親仁会もこの要請に応えるために、3月に作成した「支援マニュアル」に基づき派遣本部を設置し準備を開始しました。

初日の9日は、県連会長としての橋口理事長をはじめ3名が第1陣として現地に。

 


 

当初日帰りの予定でしたが、現地の状況から1泊の支援に急きょ変更。

被災直後ということで、指示命令系統が混乱していましたが、昨年の熊本地震対策本部の経験をもとに、現地の皆さんと今後の運営について確認しました

 

現地は、県庁や日赤からの支援とともに、地元の保健師さん看護師さん2名が不眠不休の奮闘をされています。

なかには自分の家が流された方もおられ、10日夕方に支援を終えて帰任した師長は「もっと援助してあげたかった」と感想を述べていました。

 

 

今後も引き続き支援に入ります。

まだ天気が不安定で道路の状況が日々変わっています。

また現地での支援内容も変わってくると思われます。

 

支援者の皆さん、まず自らの安全を確保し、支援をよろしくお願いいたします。


 


スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday
  • -
  • 12:09
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
サイト内検索
管理
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR