<< 渡辺 治 氏 学習講演会「安倍改憲の新段階と運動の課題」 開催 | main | 九州北部豪雨 親仁会支援ニュース(1) >>

スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


福岡メディカルラリーで上位に

10月22日(土)、九州大学病院で

第10回福岡メディカルラリーが開催されました。

 

メディカルラリーとは、

救急医療に携わる医師・看護師・救急救命士による混成医療チームが

事故や災害・急病人発生などの仮想現場(シナリオステーション)へ出動して

模擬患者を観察処置し、 限られた時間内にいかに高い救命効果を上げるかを

チーム間で競い合うことにより、 現場対応能力を向上させ、

関係機関との連携強化を図り、 ひいては該当地域内の住民の救命率向上、

後遺症の軽減に寄与することを目的としています。

(関係HPより引用)

 

 

福岡メディカルラリーは全国でも3番目に古い歴史を持っており、

九州を代表するラリーとも言えるものです。

 

米の山病院は、昨年筑後地区メディカルラリーで3位という好成績でしたが

「この結果に満足することなく、さらに高度なものを目指したい」という

職員の熱い思いから参加しました。

 

今回は福岡県内だけではなく福井・兵庫・鹿児島・沖縄の病院・消防本部のから

18チームが参加しました。

 

米の山病院は医師・外来看護師・ICU担当看護師と

大牟田市消防本部の救急救命士が一緒にチームを組みました。

 

審査1

 

参加するにあたり、

8月からチームでシミュレーションや訓練を行っていましたが、

米の山病院以外は、大学病院などの第3次医療機関(重症患者を専門に治療する病院)で、

それを知った参加者は、気おくれよりも更にやる気が出て、

日ごろ行っている成果を発揮しようと頑張りました。

審査2

 

その結果、名だたる病院を抑えて

なんと5位というすごい成績に。

 

参加した職員はもちろん、消防署の救急救命士も

「信じられない」

と興奮気味に語られました。

 

今回の参加を通じて、

救急に携わる際の判断やトリアージ(患者の重症度の選別)する際の

医学的所見の知識・技術の向上と、

医師・看護の質の向上につながりました。

 

参加者

 

そして何より

米の山病院と大牟田消防署との連携が強化されてきています。

今回の成果が、これまで以上に

市民の「いのち」を守ることにつながると確信しました。

 

 


スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday
  • -
  • 14:48
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
サイト内検索
管理
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR