<< 職員研修 中期(Aコース)研修を実施しました | main | 平和の願い天まで届け >>

スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「初期4年目研修」学びました(^_^;)


 職員研修実施!

入職4年目の職員に、
7月と8月の2回に分けて二日間の制度研修を実施しました。

講義「働くものの社会保障」の講師は事務課の課長が担いました。

 社会保障の歴史や内容、憲法上のとらえ方など、社会保障は自己責任ではなく人間らしく生きていくための私たちの権利である事を学習しました。

 〜感想には、
 「生活保護基準の引き下げがとても大変なことである事(国保や介護保険の減免制度、就学援助、公営住宅家賃減免、最賃などに影響)を学びました。
 〜知らない事が多すぎて、芸能人の生活保護バッシングも”確かに不正かな〜”なんて思っていた自分が恥ずかしいです
」等など
(※チェック!)はずかしくないんです!今学んだ事が重要!! 


 

講義「日本国憲法を取り巻く情勢」の講師はコメディカル科長が担いました。


「憲法とは」から「民医連綱領」との関わり、近代及び現代立憲主義の違いなど憲法そのものの話から、自民党改憲案のねらいを学習しました。

 〜「憲法は“お飾り”というイメージが正直ありました。入職して九条の事を学んできたつもりでしたが、今日の講義で憲法の成り立ち、詳しい内容を学ぶ事ができました
 〜「生活保護攻撃と自民党改憲案が連動していると感じました」等など

 

映画「シッコ」を鑑賞しての感想
 〜「目を覆いたくなるような現実に驚きより、あきれたと言った方が的確だと思う。病人をタクシーで道路に捨てるとは
 〜「アメリカの保険制度は、利益優先であり本来であれば病人を助ける立場である医師が保険会社とつるんで利益を得ている事は、医療従事者としてあってはならない事だと思った
 〜「国民皆保険を社会主義と考える所がアメリカらしいと思った」等など

 

研修の締めくくりワークとして、
私たちにとっての憲法九条は」と題して九条に対する新聞意見広告を作成してもらいました。

 

 今回は、後期研修医2名も参加しました。


 選挙後の今、改めて社会保障の在り方や日本国憲法の大切さを感じた研修でした


 
 

スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday
  • -
  • 13:59
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
サイト内検索
管理
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR