スポンサーサイト

  • 2017.08.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


新 米の山病院オープン


病院全景(昼)

 

3月1日、待ちに待った新米の山病院がオープンしました。

 

米の山病院が  

「働くひとびとの医療機関」「無差別・平等の医療」

を理念に誕生して半世紀が経過し、

旧病院も老朽化が目立っていました。

 

新病院建設プロジェクトが発足して4年7ヶ月、

職員との打ち合わせや友の会、地域の方々から

多くのご意見を頂きながら、建設を進めてきました。

 

 

昨今の医療情勢、社会情勢の悪化、

特に高齢化・貧困化は急速に進んでおり、

当院創設時の理念の意義は薄まるどころか、更に重要性を増しています。

 

新病院でも、

無差別平等の医原と福祉の実現という民医連の魂を引き継ぎ、

地域に根ざし、患者に寄り添う医療を実践してまいります。

 

 

また、地域崩壊が叫ばれる中、

安心して住み続けられるまちづくりを実践していく事も

私たちの使命だと考えております。

 

 

新しい病院は、

地域医療やまちづくりの拠点となるにふさわしい

堂々とした姿ですが、

次は私たち職員の番です。

 

「患者に寄り添い、地城に優しい病院」にふさわしい医療人になるよう、

そしてこの病院が今後20年、30年にわたり、

私達が目指す地城医療、町づくりの新たな拠点に

名実ともになるように、職員一同更に努力いきます

 

 

 

 

開院当日は、病院管理部と友の会役員さんがテープカットを行い

診療が始まりました。

テープカット 受付

 

病院正面は全面ガラス張りになっており、

とても明るく、広い待合室が印象的です。

広く明るい待合室

 

 

病棟は、一つのフロアに2つの病棟を持つ設計で、

両病棟の共用スペースに食堂を広く取りました。

広い廊下と食堂

 

病室には、ベッド・サイドテーブル・

看護師の経験から生まれたアイデアがたくさん詰まった床頭台・

チェストが揃いました。

入院中でも快適に過ごせる環境となっています。

病室
 

新病院では、これまでの機能を引き継ぎながら、

特に需要の多い、

リハビリ室

透析ベッドの2倍化

救急処置室の大幅な拡充

を行いました。

 

 

また、病院玄関前には「荒木栄碑」を移設し、

「働くひとびとの医療機関」「無差別・平等の医療」

という私たちの理念を示しました。

荒木栄碑

 


機関紙こめのやま No.71

機関紙こめのやま No.71 ができました!

表紙の写真は、アメリカ・ニューヨークで開催された

  「2015年NPT再検討会議」へ米の山病院から代表を派遣し、

ニューヨーク街頭での 署名提出パレード の様子です。



多くの皆さまにご協力いただいた

   核兵器全面禁止アピール署名国連 へ届けました。

9月号の記事は、

  職員紹介,研修医ニュース,第32回盆踊り大会,

    職場紹介,夏バテ対策料理
などです。

現在、健康友の会の皆さまへ宅配中です。

病院内にも置いていますので、ぜひご覧ください。

 

米の山病院の診療についてお知らせです

久々の投稿です。

この間投稿を 忘れていた わけではなく、「できなかった…」のです。
言い訳はそれまでにして、
  少しずつではありますが 復活 させますので、閲覧よろしくお願いいたします。 m(_ _)m

さてさて、米の山病院はこの1年間で学会や施設の 認定 を新たに受けることができました。

 日本整形外科学会研修施設(2014年9月)
 日本消化器病学会関連施設(2015年1月)
 日本肝臓学会関連施設(2015年4月)
 久留米大学医学部教育関連診療科(2015年7月・消化器内科)


福岡県肝疾患専門医療機関(2015年4月)
佐賀県肝炎治療費助成制度における認定医在籍の医療機関(2014年12月)
熊本県肝炎インターフェロンおよびインターフェロンフリー治療指定医療機関(2014年7月)
東京都肝臓専門医療機関(2015年1月)

今後も各認定を受けれるよう条件が整えていく予定ですので、よろしくお願いいたします。

 

前進座「赤ひげ」公演




 医療法人親仁会は、今年 創立50周年 を迎えます

今回、 50周年記念行事 の一つとして

   前進座「赤ひげ」 の公演を取り組むことになりました

 「赤ひげ」 では、

   お金のあるなしに関わらず、生命は平等

というテーマが貫かれており

  これは 現代 にも通ずるものです

ぜひ一人でも多くの方に観劇していただき、

   あるべき日本の医療・介護の姿 と、

 そのために何をなすべきか を考える機会にしていただきたいと思います

  料金は  一般の方       3,000円  

       健康友の会会員  1,000円 です

健康友の会にまだご入会でない方は、ぜひこの機会に ご入会 下さい

チケットは、 医療法人親仁会の各事業所

  および ありあけ健康友の会 で販売しています

    お問い合わせ 医療法人親仁会本部・総務 今村 ☎0944-51-2711


雛かざり

「雛かざり」をしています。

みさき病院リハビリテーション科では、リハビリ訓練室内に2種類の雛かざりを出しました。

これは、外来患者様から寄贈頂いた雛かざりです。
おそらく昭和の時代の雛かざりだと思います。
重厚感があります。




こちらは、外来患者様がボランティアで設置して頂いた、手作りの雛かざりです。手作りならではの味わいがあります。



季節感を味わいながら、リハビリ訓練の励みに、患者様には大好評です。


回復期リハビリ病棟の紹介

   米の山病院 回復期リハビリ病棟の紹介


  米の山病院の回復期リハビリ病棟は4月より、脳神経内科の医師1名が

加わり2名体制になりました。MSW(ソーシャルワーカー)も専従で看護師

も増員され、10月より回復期リハビリ施設基準1を申請しました。質の向上

に勤め、地域の皆様に信頼される病棟をめざしていきます。そして皆様が

安心して在宅や施設へ退院できますように、スタッフ一同、生活リハビリに

力を入れていく所存です。    よろしくお願いします。 



【病棟の様子を紹介します】


 毎月誕生会と月行事を計画しています

 3月はデザートバイキングでした。栄養科の皆さんに美味しいデザートを作っていただきました。お一人3種類のデザートを選んで召し上がっていただきました。  

 
 



6月 そうめん流し       9月 わかあゆ班による大正琴の演奏会

 






看護師再就職支援セミナーを開催します。

 

米の山病院ホームページでお知らせしていましたが
いよいよ来週、看護師再就職支援セミナーを開催します



下記に詳細をお知らせいたします。

集合場所:11月28日 9:50 米の山病院 総合受付

場所:28日―米の山第1会議室  
   29日―医局カンファレンスルーム

※お昼ごはんはこちらで準備いたします。

(1 日目:28日)
10:00〜 オリエンテーション
     キラリ看護DVD(病院紹介)上映
10:30〜感染について
11:30〜栄養と食事
12:30〜昼食休憩
13:30〜 注射(シュミレーターで練習)
14:45〜感想文記入
15:00 終了

(2 日目:29日)
10:00〜 医療安全について
11:30〜病院ラウンド(外来、病棟、デイサービスの見学)
12:30〜昼食休憩
13:30〜 救急蘇生法
14:45〜感想文記入
15:00 終了



医療現場がお久しぶりの方、注射の練習をしてみたい方、
最近の医療現場の状況や看護実践(キラリ看護DVDで事例も紹介)を知りたい方、
どなたでもお気軽にご参加くださいね


申し込みは、米の山病院(51−3311) 師長室 湯村 まで。
まだまだお申し込みは絶賛受付中
前日までだいじょうぶですので、ご検討くださ〜い



セミナー準備中のまめでした






看護師さん、大募集! 看護奨学生も大歓迎!

「新卒看護師さんが辞めない」ということで評判になったのは良いけれど、そ
こはみな若い青年たちのこと。自然の摂理に従って結婚、そして産休、育休へと
入って行く。あ〜ぁ、看護師が足りない!新卒で4月に17名も採用したのに…



 9月10月と看護師紹介強化月間で頑張りました。その結果2名の既卒看護師と1
名の奨学生を獲得することができました。



 そうそう、看護師になろうとしている貴方、うちの病院には奨学生制度がある
んです。HPの下の方を見てくださいね、詳しく書いてありますから。別に各学年
10名にこだわる必要はありませんから、興味のある方はご連絡くださいね。

 でも、でも、なぜか?なぜか?2014年卒だけがうまく獲得できません。
もし貴方が2014年卒だったら、ぜひぜひ応募してくださいね。ご連絡まってま〜す。


改善しました! 健康友の会班会でのご意見

日ごろ、 米の山病院 へいろいろな ご要望ご意見 が寄せられます。

私たちが 気づかなかった ことや、 至らなかった こと、

  時には 厳しい ご意見をいただきます。

そして時々、 お褒め の言葉をいただきます。

いつもありがとうございます。

少しでも、皆さまに安心して

  快適に療養していただくための 貴重 なご意見として承っています。

ご意見は、 受付電話 、直接 職員にご意見箱 でと経路は様々ですが、

  もっとも件数が多いのは 健康友の会班会 等で寄せられたご意見です。

先日、 ありあけ健康友の会 高取支部 わかあゆ班 の班会で、

   「夜間地下通路の照明が暗く、時には不安になる。」

とのご意見をいただきました。



            地下通路の上に天窓があるものの…



            昼間でも通路は うす暗いイメージ

実は、米の山病院は、 県道・三池金山線 を挟んで

  東側に 本館 、西側に 新館 と2つの建物があります。

本館と新館がどこかで繋がってないと、法律上 一つの 医療機関とは見なされません。

新館を建設する前に、空中に渡り廊下を設けるか、地下にトンネルを掘るかを検討し、

  地下トンネルで繋ぐことになりました。

公道の下にトンネルを掘り一つの医療機関にする例は、あまり ない ということです。

地下トンネルですから、昼間でも “暗い” というイメージがつきまといます。

職員は慣れっこになっていましたが、

  特に夜間、患者さんやお見舞いの方が 不安 に思われるのも無理はありません。

そこで昼と夜に、実際の 照度 を測定してみました。

そしたら、 あらっびっくり!

暗いと思っていた地下トンネル内が実は一番 明るく

  トンネルの 前後 が暗いということがわかりました!

最も暗い個所は “暗室” 並みとか…

そりゃ〜、 夜間 1人でそういう所を通るのは不安でしょう。

非常階段などの “ウラ道” ならまだしも、

  本館と新館を行き来する “メインストリート” なんですから!

という訳で、地下トンネルの前後に蛍光灯を 4機 増設しました。



       アームを伸ばして この下に蛍光灯を取り付けます
 
 雰囲気変りました!  

   昼間でも明るいです!   夜はもっと明るく感じます!



      一番暗かった箇所がこうなりました!(撮影日は雨天)



           反対側から見ても ウン 明るい!

班会でご意見いただいてよかったな〜   改善 できてよかったな〜

職員一同の 率直 な気持ちです。

健康友の会の会員さんは、

  私たちに “遠慮なく” 意見を言っていただくよき パートナー です。

これからも、いろんなご意見やご要望をお寄せくださいね。


看護師国家試験対策(第2報)


国家試験に向けて頑張っている

看護学生のみなさんこんにちは

1月11日(水)のブログで紹介していた、

問題の解答です!

 

1−

2−

3−

4−

7−

8−

9−

10−

12−

13−

14−

15−

16−

17−

18−

20−

21−

22−

23−

24−

25−

27−
29−

もし、解説が必要な方は、

mailto:s-kango@kome-net.or.jp

までお問合せください^^。


受験生のみなさま、

2月19日の本番まであとわずか・・・

3月26日の看護師国家試験発表の日には、

満開の桜の花が咲くことを

親仁会看護部一同心待ちにしています^^。





カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
サイト内検索
管理
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
PR